黒柴りゅうたの超日常

愛犬りゅうたと過ごす日常や、高山のこと、あれこれ思ったこと語ります

横一直線の虹

今日は珍しいものを見てしまいました。

真っ直ぐな虹です。

f:id:soda1020:20190428214426j:image

f:id:soda1020:20190428222518j:image

普通虹は雨上がりなどに弧を描くようにかかりますが、これは真っ直ぐでした。しかも雨は降っていませんでした。

初めて見た光景にびっくりして写真を撮りました。自転車に乗っていたおばさんも、止まって携帯を取り出していました。

 

気になってググッてみると、これは環水平アークというものらしいです。

上空の氷粒に太陽光が屈折して、空の低い位置にほぼ水平な逆さ虹が見える現象なのだそうです。

普通の虹は太陽を背にした反対側に発生するのに対して、環水平アークは太陽と同じ向きに発生するそうです。太陽の下方46度に発生するので太陽が46度以上まで上がる時期、場所でしか観測できないので、4月中旬から9月中旬くらいまでが観測時期になるようです。

地震の前兆などと言われることもあるようですが、関係ないようです。ちょっと珍しい気象現象があると結びつけたくなるだけのようです。

ホッとしました。

 

スーパーの帰りに気づいて、家で荷物を片付け、その後フリーマーケットへ行く間ずっと、最低でも20分位は出現していました。

フリーマーケットから帰る時にはもう消えていました。

 

私は初めて見たので思わずブログネタにしてしまいました。変わった現象が色々あるものですね。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村