黒柴りゅうたの超日常

愛犬りゅうたと過ごす日常や、高山のこと、あれこれ思ったこと語ります

大家族

今日から我が家は大家族になりました。

春休みになり、東京から姪っ子二人がやってきました。ばあちゃんも普段は別居していますが、姪っ子達がいる間は一緒に泊まります。

娘も東京から帰って来ているので、しばらくは7人プラス1匹家族です。とても賑やかになりました。

 

りゅうたも大喜びでいつもより元気いっぱいです。

f:id:soda1020:20190327193556j:image

f:id:soda1020:20190327193935j:image

たっぷり相手をしてもらってはしゃぎまわっています。さすがにおじさん、体力の衰えもあり息が上がっています。それでも嬉しいようで引っ張りっこしたりして遊んでいます。

 

姪っ子達は私の妹の子供で、春から6年生と2年生になります。

冬休みに来る予定でしたが、直前に二人共インフルエンザにかかってしまい、来れなくなってしまったのでリベンジで春休みにやってきました。

夏休みは毎年恒例で1ヶ月弱は高山で過ごします。春休み、冬休みはその年によって来たり来なかったりです。

 

妹夫婦は共働きで忙しいので、長期休みになると預けられるのです。二人共高山が大好きで、毎回来ることを楽しみにしていてくれます。

4才くらいからそんな感じで来ているので、親がいなくても全然平気で、高山にいる間も寂しがったり帰りたいと言ったことはありません。

小さい頃はあまりにも親を恋しがらないので、逆に大丈夫かな?と心配になるくらいでした。でも妹夫婦が迎えに来ると、べったり甘えるのでやっぱりパパママが一番なのねとホッとしたものです。

東京には頼れる親戚もないし、小さい頃から子供なりに自立しているんだなと感じました。

我が娘と息子は、高山で甘える人もたくさんいて、のほほんと育ちました。性根が違います。

 それに東京の子はよく歩く。

高山は車社会です。交通網が発達してないので、どこへ行くのも車です。そのため小さい頃から歩くことが少ないので、どこかへ出かけた時はすぐ「疲れた、抱っこ。」と言っていました。姪っ子達は文句も言わずよく歩きます。感心します。

 

東京のマンションではペットが飼えないので(飼えるけど妹が飼いたくないだけかもしれません。)、高山で犬と過ごせるのも楽しいようです。散歩にも行ってくれるので助かります。

 

りゅうた、遊び疲れたようで、姪っ子達から逃げて行きました。散々遊んでもらったのに今度は呼ばれても無視です。

そして寝てしまいました。毛布を掛けてもらってまったり落ち着きました。ついでに帽子も被せてもらいました。(o^^o)

 

f:id:soda1020:20190327205757j:image

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村