黒柴りゅうたの超日常

愛犬りゅうたと過ごす日常や、高山のこと、あれこれ思ったこと語ります

みたらしだんご

久しぶりにこれ買ってきました。

f:id:soda1020:20190317103035j:image

みたらしだんご。みだらしだんごとも言います。

高山のみたらしだんごは醤油味で、甘くありません。

だんごを焼いて、柔らかくなったところで醤油をつけて再度焼いて焦げ目をつける。

そうすると香ばしい醤油の香りと柔らかくもちもちした美味しいみたらしだんごになります。

ついつい二本、三本と手が出てしまいます。

高山人はこれがみたらしだんごと思って育っているので、他の土地でみたらしだんごを見て衝撃を受けます。

それはみたらしだんごではない別の食べ物じゃないか!なんでだんごに甘ったらしいタレをかけるんだ!

そうです。香ばしい醤油味のものこそ真のみたらしだんごなのです。

このみたらしだんごを食べると、甘いだんごなんて食べる気にはなりません。

そんなだんごは邪道ですよ。

是非高山に来たら醤油味のだんご食べてみて下さい(^O^)

 

久しぶりに買ったら1本70円でした。昔は50円だったのに( ̄∀ ̄)

高山のあちこちにみたらしだんごの屋台があって、店ごとに若干値段が違います。

地元の人はスーパーの入り口にあるだんご屋さんで買うことが多いです。70〜80円が相場です。観光客が多い古い町並み周辺は少し高いです。

 

高山には美味しい食べ物が色々あります。

飛騨牛、中華そば、朴葉みそ、赤かぶ…。

 

旅行に行くと、その土地ならではのものが食べたいと思います。でも今の時代、全国どこの名産品も大抵自宅て手に入れることができます。

より美味しい状態で食べられるように輸送され、食べ方の説明も入っていて、わざわざその土地に行かなくても味わうことができます。便利な時代です。

でもその土地に行って食べる美味しさというのもあると思います。

その土地の雰囲気、空気感を感じることができるし、出来たてを食べることもできます。

旅行の高揚感もあり、自宅でのお取り寄せとは気分も違います。

みたらしだんごもお店で買って家へ持って帰ってきましたが、一番美味しい食べ方は買ったその場で食べることです。お店のおばちゃんがだんごを焼いているその前で食べることです。

子供が小さい頃はよくそうして食べました。

 

私は古い町並みを散策するのが好きです。

観光客ばかりで地元の人はほとんど行かないと思いますが、年に一度くらいぶらーっと行ってみます。手前味噌ですがいいところだと思います。

またいつか高山の名所や美味しいものを紹介したいと思います。ブログの知識や文章力が上がったら…。

 

f:id:soda1020:20190317122712j:plain

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ
にほんブログ村