黒柴りゅうたの超日常

愛犬りゅうたと過ごす日常や、高山のこと、あれこれ思ったこと語ります

白線流し

今日3月1日は長男が通う高校の卒業式。

卒業式の後、伝統行事である白線流しが行われます。 

ドラマ「白線流し」やアニメ「氷菓」のモチーフになりました。

 

長男は二年生なので、在校生として先輩を見送ります。

 

学校前を流れる大八賀川を挟んで、校舎側に在校生、対岸に卒業生が並び

卒業生は制帽の白線とセーラー服のスカーフを一本に結び合わせ、永遠の友情を誓い

三年間の懐かしい思いを込めて川に流します。

(現在は制帽が自由になったので白線は入学時に生徒会からプレゼントされます)

 

f:id:soda1020:20190301081140j:image

f:id:soda1020:20190301081238j:image

 

この写真は長女の卒業時のものです。

長女は二年前に、私は二十数年前に経験しました。

 

白線流しは天気が荒れるといいますが、今日は雨も雪も降らず

まずまずの天気でした。

 

因みに白線は下流で厚生委員が川に入って回収します。

だから荒れなくてよかったね(*^^*)

 

f:id:soda1020:20190301132241j:plain


これは今日の写真。 

来年は長男。

 

飛騨地方には大学が無いため、卒業生のほとんどは進学の為、親元を離れます。

巣立ちの時...

まだ長男は卒業ではないけれど、そんなことを考えると胸がキュンとなります。

 

母校を再び訪れ、感動を味わう機会を与えてくれる我が子たちに感謝です。

忘れていた高校時代の記憶が蘇り、子供と共にもう一度高校生活を送っているような

そんな自分がいます。

長男にはあと一年、仲間と共に勉強、部活、学校生活を楽しんで

かけがえのない思い出を作ってほしいと思います。

 

親としてはあと一年、胸を張って独り立ちさせることができるよう

しっかり育て、見守りたいと思います。

 

卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

新たな道に幸多かれ!